ヒューマンビートボックス やり方

新しい音作り

ドラムのボイスパーカッションだけではなく、ベース、スクラッチ、ノイズなど多様なスキルを使ってひとりで音楽を作り上げることがでいるのが、とても魅力です。いつでもどこでも、楽器がなくても口だけでリズムをとり、音楽を奏でることができるのです。
吸って音を出す息づぎもあり、吐いて音をだすものもあったりと、多様な音の出し方とバリエーションがあるので、うまく使い分けることが大切です。練習していくうちで、音の出し方のコツをつかんだり、音の出かたを把握したり、それだけで十分な個性が生まれてきます。同じ曲をやってみても、人によって全くイメージの違う曲に仕上がったりします。何度も練習をしてみて、新しい音を生み出していけるようになれば、楽しいですよね。