ナノインパクトを開発したホソカワミクロングループ

ナノインパクトを開発したホソカワミクロングループは、パウダーテクノロジー(粉体の超微細科学)の世界で最先端技術を開拓してきました。
では、どうしてナノテクノロジーが頭皮ケアと関係があるのでしょう。
それは、頭皮の環境を整えるために必要な技術だからです。
ナノインパクトは、皮膚に浸透しやすいナノ粒子の中に、頭皮のケアに欠かせない成分を閉じ込めました。
そして地肌の奥まで送り届けて、頭皮のうるおいを保つのです。
ナノインパクトのナノパウダーは200ナノメートルです。

健康・体 関連情報

がん患者や家族、支援者らが夜通し歩き、がん征圧や患者支援を訴える「リレー・フォー・ライフ」(日本対がん協会など主催)が30日、全国6カ所のトップを切り、北海道室蘭市の祝津臨海公園で始まった。約500人が参加。31日正午まで、チームを組んでリレーしながら24時間歩き続ける。 親子で楽しみながら盲導犬に親しむ催しが30日、横浜市港北区の日本盲導犬協会・神奈川訓練センターであった。視覚障害について理解を深めてもらおうと、夏休み特別企画として同協会が開いた。参加者は盲導犬に触り、アイマスクをつけて盲導犬と一緒に体験歩行をするなど、視覚障害者の大変さを体験した。  VEATは、神経細胞のつなぎ目にある神経伝達物質を蓄える袋に、アスパラギン酸を運びこむ。蓄積されたアスパラギン酸は、この袋から分泌されて神経伝達物質になるとグループはみている。  リレー・フォー・ライフは1985年にアメリカ対がん協会の医師が、がん患者の支援やがんの征圧、予防を訴えて始めた。日本では06年に茨城県つくば市で初めて開催され、07年は東京など2カ所で開かれた。3年目の今年は室蘭の後、9月13〜14日に兵庫県芦屋市、同14〜15日に横浜市、10月11〜12日に高知県南国市、徳島県小松島市、大分県由布市で開かれる。