建築基準法関連のの改正

1950年に建築基準法が制定されてから現在までの50年強にわたる間に、木造住宅だけでも約10回ほども建築基準法は改正されています。
更に過去5年前からの建築基準法関連のの改正数もまた、10件余りに上ります。
この中には、耐震関連のものから、都市再生特別措置法、景観法、宅地造成などの他、弱者・高齢者などを対象にした建築物建造にあたってのハートビル法や、バリフリー法、近年に話題になっているシックハウスやアスベスト(石綿)関連の改正まで様々です。

世界的にも有名な地震大国でもある日本では、耐震にまつわることは常に大きな関心をもたれていると思いますねん。
実際に、地震での被害者は建物外より内部でのものが多く、内部に取り残されたり、または圧死などで亡くなった罹災者も多いですよん。
そのようなことから、建築基準法の改正もですが、防災・耐震グッズなどはよく売られていますよね。
また、家具などに挟まれたり、下敷きなどになって被害にあわれている方も多かったですよん。
建築基準法に準じた建物選びはもちろんのこと、自分でできる防災・耐震措置もしたほうが良いかもしれませんね。
タンスなどの重い家具はもちろんのこと、大地震では普段動きそうにもない家具が瞬間的に飛んできたり、思いもよらぬ大移動をするので、つっぱり棒などで天井と支えたり、固定するのもお勧めです。
更に、ガラスなど割れやい素材のものは、破片が飛び散ったり移動時に怪我をすることがないように、フィルムなどを貼り付けて飛散防止措置を取るのも良いでしょう。
食器棚にしても、中のものが飛び出て破片が飛散しないように、扉の開閉をロックする道具などを据え付けるのもお勧めです。
建築基準法の改正により、いままでよりも安全性や明示性は強化されると思いますけども、内部のメンテナンス、特に個人住宅は住人一人一人が気をつけなければいけない点ですので、たとえこれから新居に住むにあたって往年の住宅と比べ「安全度が高い」と思われる住宅に住むことになっても、油断はできません。
地震などでは、対応が遅れなどによる人災もよく言われていますが、二次災害として津波や火事も有名ですよね。
火事にしても、原因となるような家電製品の使用を控える、津波のおきやすい地域にいるときは、地震後にどこに避難するか日ごろから決めておく、または、まず火災防止策をしたうえで、津波に注意するなど二次災害も念頭において行動したほうが良いかと思われます。
建築基準法では、このような防火・耐火関連でも改正があるんです。

ビジネスと経済 関連情報

地震がおきずらいとされている地域でさえ、阪神淡路大震災のようにまだ記憶に新しい惨事がいつ起こるとも限りませんから。 サイズも小ぶりなものから、大きなトートバッグまで様々。 更に、ガラスなど割れやい素材のものは、破片が飛び散ったり移動時に怪我をすることがないように、フィルムなどを貼り付けて飛散防止措置を取るのも良いでしょう。 エルメスのバッグについて、それほど詳しくない人でも、この2点のシリーズは耳にしたことのある人が多いはずです。